古寺巡礼 金剛輪寺こんごうりんじ 11/5/24 K10D 古寺巡礼




湖東三山のひとつ金剛輪寺は国道307号線から少し東へ入ったところにある。
聖観音と書かれた大きな提灯がさがっている総門(黒門)から本堂まで、かなりの距離と高度差がある。
黒門を入って少し先に受付がある。
赤門前を通り過ぎ、明寿院の白門をくぐって庭園に立ち寄った後、地蔵が両側に並ぶ参道をひたすら進む。
石段を上ると二天門、その先に国宝の本堂、左手奥には三重塔がある。

                             

雨の中、緑の参道を進む。

赤門。
                                                   

明寿院入口の白門。

明寿院は金剛輪寺の本坊。
 

明寿院の安土桃山時代の庭園と江戸時代に建造された茶室・水雲閣。


地蔵が並ぶ勾配のある長い参道。


途中にある石仏。
 

いい雰囲気の二天門。むこうに本堂。 


国宝の本堂は鎌倉時代の建築で、信長の焼き打ちをまぬがれた。


三重塔、別名侍龍塔。これも鎌倉時代の建築。

古寺巡礼