古寺巡礼 高野山 2013/11/10
EOS 5D/24-105
古寺巡礼


慈尊院から町石道を歩いて、大門をくぐると、高野山の寺域に入る。

慈尊院近くにある180町石から町石道をたどると、約7時間で大門に着く。

大門の少し手前に7町石があり、大門をくぐった先に6町石がある。

6町石から東へ国道480号線を進むと、1町石を過ぎた先に壇上伽藍。

壇上伽藍にある朱色の根本大塔を起点として、奥の院にむかって再び町石があり奥の院までは36町。

1町=109.09m、1里=36町=3927m

慈尊院〜大門174町=約19km
大門〜壇上伽藍6町=約0.7km
壇上伽藍〜奥の院36町=約3.9km

当日は朝から雨で風が強かったが、11時ごろには雨も風も止んだ。

大門から壇上伽藍を経て金剛峰寺、
奥の院は中の橋から御廟橋まで、
そして女人堂をたずねた。

関連ページ 高野山町石道

                                         

大門をくぐると左手に6町石。むこうに高野山の町並みが見える。

大門の石段を降りた先に古びた店構えの南峰堂本舗がある。
                                                  

宿坊・西南院前の4町石。

壇上伽藍手前の1町石。
                                      

壇上伽藍の西端にある西塔は高欄の付いた多宝塔。


左に根本大塔、右に金堂、真ん中にあるのは三鈷の松。
                                    

王朝風の優雅なたたずまいの御影堂。そのむこうは准胝堂。

不動堂は鎌倉時代末期の再建、高野山の中で最も古い建物のひとつ。
                                  

愛染堂前に奥の院への1町石。巡礼者が般若心経を唱えていた。

「六時の鐘」のそばに4町石。
                                    

金剛峰寺山門。境内は殺風景で、本堂はあまり特徴のない質素な感じのものだった。
                                

奥の院、中の橋。

中の橋からすぐ
覚鑁坂(かくばんざか)。ここで転ぶと寿命が3年。
                                    

結城秀康石廟(重要文化財)。秀康は家康の次男。若くして亡くなった秀康のために家康が建てたとされている。建造は1607年。
                                 

墓石のようで見過ごしてしまいそうな芭蕉句碑。
父母(ちちはは)の しきりに恋し 雉(きじ)の声

徳川2代将軍秀忠の奥方お江のちの崇源院供養塔は高さ6.6m。
高野山の石碑の中で最も高く、「一番石」と呼ばれている。
                                 

御廟橋から燈籠堂を見る。
                                     

不動坂口に唯一残っている女人堂。

ここから先、女人の立ち入りは禁止されていた。

古寺巡礼