古寺巡礼 立石寺りっしゃくじ   2012/10/5
K20D
古寺巡礼

松尾芭蕉が「奥の細道」の旅の途中に立ち寄り、「閑さや岩にしみ入る蝉の声」という句を詠んだことでよく知られている。
宝珠山の山腹にあることから、山寺とよばれている。

                       

根本中堂。

根本中堂近くの芭蕉句碑。


芭蕉・曽良の像。
                                                   

登山口にある山門は鎌倉時代の建造。

せみ塚。江戸時代中期の宝暦年間に築かれた供養碑。
                                                          

弥陀洞という岩壁のむこうに仁王門が見えてきた。 


崖の上の舞台・開山堂。


舞台から見る。
                                
 
参道の石仏。

古寺巡礼