古寺巡礼 龍華寺 2015/11/16 K-7 古寺巡礼
この地の大田庄は平家の所領であったが、1185年の平家滅亡後、後白河法皇が紀州高野山へ寄進した。
1186年から堂宇の建設がはじまり、7堂12寺院からなる大寺院が完成し、紀州高野山に対して今高野山とよばれた。
1700年に焼失したが、1702年に再建され現在に至っている。


参道入口。ここから境内まで緩い上り坂。


総門。


福智院の紅葉がきれいだった。


十王堂横の真っ赤な紅葉はかなり散っていた。


宝筐印塔付近の石仏。


なぜか芭蕉句碑。
父母の 頻(しきり)に こいし 雉子(きじ)の声


手前は本堂、むこうは大師堂。



古寺巡礼