古寺巡礼 青岸渡寺 2003/9/20,21 E-100RS
2006/10/18 *istD
古寺巡礼

那智山青岸渡寺は、西国三十三か所観音霊場の一番札所である。

青岸渡寺へ立ち寄ったのは2回。

1回目は2003年9月で、熊野古道を那智速玉大社から大門坂を登り熊野那智大社へ、熊野那智大社から大雲取越えの道を歩いたときだった。
関連ページ 
那智速玉大社から熊野那智大社へ
大雲取越え


2回目は2006年10月で、那智山にある滝をたずねたときだった。
関連ページ 
滝紀行/那智山


2回とも思い出深い旅だった。













 

熊野古道・大門坂を登り、熊野那智大社へ。青岸渡寺は、熊野那智大社のすぐ西にある。


県道を離れ、大門坂への町道へ入る。


大門坂登り口には夫婦杉杉がある。熊野那智大社まで約40分。


登り口近くに熊野九十九王子最後の王子社「多富気王子」跡がある。


登り口から約15分、右手に那智の滝を遠望できる。
    

熊野那智大社。

樹齢800年以上のクス。クスの向こうが青岸渡寺。



本堂は天正18年(1590)の再建とされている。


本尊の如意輪観音は前立ちの奥で非公開。


青岸渡寺から三重塔と那智の滝を見る。

古寺巡礼