古寺巡礼 永明寺 06/2/10 *istD 古寺巡礼
津和野駅の西、マリア聖堂のやや南の山手にある。永明寺は津和野藩歴代藩主の菩提寺で、石見国の禅寺を総括する地位にあった。

津和野へはやまぐち号の撮影で頻繁に来ているが、この寺をたずねるのは3回目で、約20年ぶりくらいになる。


観光客でにぎわう津和野の町並みから西へ、山口線の踏切を越え、ゆるやかな坂道を進むと、永明寺と刻まれた石柱が見えて来る。

直進すると山門への石段で、山門をくぐると右手に中雀門と茅葺きの本堂の大屋根が見える。あたりは静寂そのもので、ときどき、山口線の列車の警笛が聞こえる。






 


津和野城の総門を移築した山門。


森鴎外(林太郎)の墓。


右手に庫裏と講堂。


境内から青野山が見える。

古寺巡礼