古寺巡礼 善徳寺   09/4/13 K10D 古寺巡礼

真宗大谷派の城端別院善徳寺は 城端の山田川の東岸にあり、蓮如上人が1471年に加賀で開山し、1559年に城端へ移転した。
                                            

山門扉の彫刻。

山門右手の式台門は4本の柱で支えられている四脚門。
                                                  

境内にある杉の古木。

鐘楼。
                                    
善徳寺の東に城端の町並みがある。

石垣の上に築かれた高い土蔵。明治中期の建造。

登録文化財の「じょうはな織館」は昭和3年建造の城端織物組合事務棟。


川島織物の機場。創業当時の建物であれば100年以上経過している。

古寺巡礼