青面金剛の造形 武蔵町の青面金剛 成吉・毘沙門堂・志和利・丸小野


kongo-naruyosi.jpg (115139 バイト)
秋の陽射しを受けた成吉の青面金剛(1758年)

kongo-bisyamon.jpg (74502 バイト)
2童子3猿2鶏の毘沙門堂の青面金剛。
幼さがあるが愛着を感じる(年代不明)
kongo-siwari.jpg (84918 バイト)
志和利の庚申塔はツツジに埋もれるよ
うに立っていた。元文2年(1737)作。

丸小野矢治払の庚申塔。
市街地から北西へ、丸小野寺を左手に見ながら1kmほど進んだ右手の石像群の中にある。桜の木の下にあり、春になるときれいだろう。明和7年(1770)の作。
2013/1/31 K10D


[青面金剛の造形][次へ