クスの森へ行く 浜玉の神社のクス 佐賀県唐津市旧浜玉町 08/11/4 K10D
   
●大村神社/樹齢約800年

   
大村神社は、国道323号線の玉島神社の先のめずら橋を渡った玉島小学校近くにある。

大村神社は、天平10年(740)の藤原広嗣の乱で捕らえられ、この地で斬首刑になった広嗣の墓とされている。

万葉集に広嗣の歌が残っている。

この花の 一節ひとよ
うちに 百種
ももくさ
こと
ぞ隠れる おほろ
かにすな


クスは社殿の裏にあり、2本の木が根元で繋がっている。

境内には樹齢約300年のイチョウの木もある。







   
●川上神社/樹齢約800年
国道323号線沿いの玉島神社の少し先で県道306号へ右折して2キロほどの座主という集落に川上神社がある。座主は、松浦佐用姫の出生の地とされている。

川上神社のクスがおおいかぶさるところが殿原寺跡。殿原寺は、松浦佐用姫を追善し、椿の大木より刻んだ聖・千手・馬頭・十一面・准胝・如意輪の6観音像をまつって建立されたといわれており、お堂の隣に 大伴旅人の万葉歌碑がある。

万代よろづよ 語り継げとし
この
たけ 領巾振りけらし 松浦佐用姫







 


[クスの森へ行く]