失われた鉄道


 高山本線に沿って北上し、神岡鉄道に入ったのは
 2003年5月14日だった。下り貨物列車は通
 過時刻を読み違えて撮り損なったが、上りと5月
 15日の下りと上りを撮影できた。

 スカッとした晴れではなかったが、日差しはまあ
 まあだった。かつての公害の川は、美しい渓谷と
 新緑を見せていた。
 

神岡鉄道

 かつての国鉄神岡線の高原川の渓谷を渡る列車の写真をは
 じめて見たのは、1981年だった。渓谷美も魅力である
 が、今や貴重な存在となった重連貨物列車が走っている。



神岡鉱山前〜漆山の渓谷を行く青と赤のDE10重連貨物列車。
PENTAX-Z1/28-70mm




壁紙1024×768


撮影時点の
貨物列車時刻

猪谷1242-鉱山前1316
この時刻より少し早い

鉱山前1334-猪谷1402
ほぼこの時刻通り


貨車が見える神岡鉱山前駅入口。
CAMEDIA E-100RS


神岡鉱山前駅へ進入。下の線路は鉱山へ通じる専用線。
PENTAX-Z1/28-70mm


神岡鉱山前駅を発車する。
CAMEDIA E-100RS


神岡鉱山前〜漆山、普通列車が鉄橋を渡る。
PENTAX-Z1/28-70mm


漆山〜神岡鉱山前、杉の美林をバックに走る。
PENTAX-67/105mm
   


神岡鉱山前〜漆山、高原川を渡る。
PENTAX-67/105mm

   

[失われた鉄道]