磨崖仏の魅力

<豊後高田市美和/室町時代> 04/6/22 PENTAX*istD
青宇田は阿弥陀如来来迎図などの画像石(県指定)で知られているが、その収蔵庫の向かって左手の崖に阿弥陀如来が浮き彫りにされている。同じ敷地内には板石状の仁王像があり、かつては寺院だったのではないか。近くには、穴瀬横穴古墳群(県指定)もある。

青宇田磨崖仏

  


阿弥陀如来の左右には観音菩薩と勢至菩薩をあらわす梵字が刻まれている。


  

磨崖仏の魅力次へ