磨崖仏の魅力

下関市田倉 08/5/17 EOS20D
四王司山と勝山にはさまれた山麓にある大王寺には、昭和初期から造立されたたくさんの石仏がある。境内の最も奥に滝場があり、2体の不動明王が立っている。不動は半肉彫りで、怒っているのであろうがユーモラスな表情に見える。手に持った剣は金属製 。

大王寺不動磨崖仏

  


  

  

  

磨崖仏の魅力| 次へ|