磨崖仏の魅力

<真玉町大岩屋/県史跡/室町時代初期> 04/6/22 PENTAX*istD
堂の迫磨崖仏は、応暦寺の奥の院への道の崖の上にある。足場が悪いので崖の上に上がるのは危険であるが、崖の下からでも十分見れる。奥の院にも小さな磨崖仏がある。

堂の迫磨崖仏

  


左から、六観音、十王像、六地蔵、施主夫婦像、司録像。磨崖仏に施主の像が刻まれているのはめずらしい。
  

弓を持つ神像(奥の院)。

聖徳太子像(奥の院)。
  

応暦寺境内左手の聖徳太子像。

奥の院への石段のそばに大きな杉の切り株。
神木という立て札が見える。
 

黒土の磨崖聖女(1995)
  

磨崖仏の魅力次へ