磨崖仏の魅力

<朝地町上尾塚/県指定史跡/鎌倉時代> 04/6/15 PENTAX*istD
磨崖仏の魅力を思い浮かべるとき見えてくるのは、紫陽花のむこうに見える普光寺の巨大な不動明王の姿である。今回念願かなって紫陽花の時期にたずねることができた。

普光寺磨崖仏

  

国東の熊野磨崖仏、臼杵の石仏と並んで観光ガイドにかならず載っているのが普光寺磨崖仏である。普光寺そのものは小さなお寺であるが、大型バスが入れるような道と駐車場が整備されていて、駐車料金も拝観料もとっていない。

駐車場から5分ほどくだると山門があり、山門を入るとすぐ左手に磨崖仏が見える。紫陽花はゆるい斜面に咲いていて、谷のむこうの岩壁に刻まれた磨崖仏を見ながら、紫陽花の間に設けられた小道をくだる。


右側の石窟には護摩堂と多聞天が彫られた磨崖仏があるが、補修中の
ため立入禁止になっていた。
  

磨崖仏の魅力次へ