磨崖仏の魅力

<島根県松江市宍道町/室町〜江戸時代> 06/2/19 *istD
尾根からほぼ垂直に約7mの高さで切り立った来待石の崖面を利用し、水平方向に112体もの地蔵菩薩立像を半肉彫りしている。崖面の下部に高さ50〜60cm、奥行き15〜20cmほどのくり込みを彫り、このくり込みの中に地蔵が配列されている。

久戸千体地蔵



   


磨崖仏の魅力次へ|