磨崖仏の魅力

本宮市岩角山/江戸時代/県指定 名勝 10/10/29 K-7
東北本線本宮駅の北東約8km。岩角山山中の大きな岩に、梵字を含めて約200の磨崖仏が刻まれている。主として線刻である。見ているうちに、余りの多さに集中力をなくしたせいか、案内地蔵と呼ばれる磨崖仏を見逃してしまった。

岩角山いわつのさん磨崖仏



岩角山の磨崖仏で最も古いのが聖観音堂の養蚕観音で、元禄3年(1690)の銘を持っている。彩色が残っていてとても美しい。

   

准胝観音。日当たりが悪いので苔がはえていた。

如意輪観音だろうか、線に朱色が残っている。

 

磨崖仏ではないが、草むらに心ひかれる石像があった。

磨崖仏の魅力次へ