磨崖仏の魅力

<奈良市/奈良時代後期/国指定史跡> 06/10/10 *istD
奈良奥山ドライブウェイから暗い森の中を約600m。ドライブウェイの反対側にも、「穴仏」という石窟仏があるが、金網の目が細かくてカメラが中に入らず撮影できなかった。

地獄谷石窟仏

  
聖人窟とも呼ばれ、凝灰岩層をくりぬいた洞に仏像が線刻されている。正面の三尊は、高さ1.4mの盧舎那仏、左が薬師如来、右が十一面観音。右壁には妙見菩薩、左壁には阿弥陀如来と千手観音が刻まれているというがよく見えない。





 


磨崖仏の魅力次へ|