磨崖仏の魅力

大分県竹田市上畑/室町末期/市指定 2015/9/14 K-7
竹田市郊外の宮城台小学校付近から西へ鋭角に曲がって道なりに進めば、数分で右手に石の標識と石段が見えて来る。急な石段を100段くらい上るとお堂がある。

上畑釈迦堂磨崖仏



道路からの上り口。


100段ほどの石段を上る。


お堂は磨崖仏を保護するために設けられたものである。


説明板。

説明板によれば、四つの龕があり、第2龕に地蔵菩薩・阿弥陀如来・観世音菩薩、他は比丘・比丘尼の夫婦像、合計13体が刻まれている。


第2龕の3体。


右手の第1龕の4体。1体は頭が崩落している。


左手の第3龕・4体と第4龕・2体。顔が崩落しているものがある。

磨崖仏の魅力次へ