磨崖仏の魅力

<大野町十時/南北朝時代> 04/9/20 CAMEDIA E-100RS
県道大分・大野線の十時バス停付近でおばあちゃんに道をたずねると親切に教えてくれた。県道から東に見える十時川にかかる石橋を渡ってしばらくゆくと、標識があった。幅6m、高さ1mくらいの龕の中に、比丘尼6体、如来2体、菩薩2体が厚肉彫りにされている。

木下磨崖仏

  

  

磨崖仏の魅力次へ