磨崖仏の魅力

<岡山県岡山市/江戸時代中期> 06/1/25 *istD
全国第4位の巨大な造山古墳から真北へ1km強、左手前方に見えてくる小山が標高約74mの庚申山。300段ほどの石段をのぼると庚申堂があり、その裏手の花崗岩の
大きな岩に毘沙門天が刻まれている。

庚申山毘沙門天磨崖仏

  


  


石段には庚申の使いとされる猿の像。


礼拝堂の中から毘沙門天像を見る。

磨崖仏の魅力次へ|