磨崖仏の魅力

北九州市小倉北区 2008/5/18 *istD
広寿山福聚寺の北谷に江戸中期造立の五百羅漢像がある。明治の廃仏毀釈の際に石仏の首が落とされた。一部はセメントでつながれているが、ほとんどは首のないまま転がっている。その中に岩に彫られた群像の石仏がある。ほとんど無傷で、とても美しい磨崖の石仏である。

広寿山磨崖仏



壁紙1024×768


 

 


2014/8/21 LUMIX DMC-FX15 通常はほとんど通らない道であるが、妙見町からの帰りに久しぶりに立ち寄った。

磨崖仏の魅力次へ