磨崖仏の魅力

<山香町倉成/鎌倉時代末期> 04/6/22 PENTAX*istD
国道10号線から北へ、正高寺前の道を右に進んだ所にある。700年の時を経て、岩にはひび割れが多く状態はよくないが、
像容はまだはっきりしている。

倉成磨崖仏

  


手前の板状の石像は他の場所で崩落したものだろう。

左が倶生神像、右が十王像。
  

磨崖仏の魅力次へ