磨崖仏の魅力

黒滝山観音摩崖仏  広島県竹原市 03/12/2 CAMEDIA


JR呉線忠海駅の北にある地蔵禅院を目ざし、寺の右手の坂道を登ると登山口に着く。駅から登山口までは15分くらい。登山口から山頂までは、石仏をながめながらゆっくり登って50分くらい。登山口へは東西から車でも行ける。

天保4(1833)年に造立された西国三十三観音磨崖仏で、ちょっと近づけそうにない岩場にも彫られていて、信仰への熱い思いが伝わってくる。

黒滝山の北にある白滝山へは約40〜50分、瀬戸内海の展望と石仏に会えるハイキングはおすすめ。
 
 
 地蔵禅院から黒滝山山頂を見る

 
 登山口の如意輪観音

 
 木漏れ日の中の千手観音
  


千手観音


参道脇の巨岩に彫られた如意輪観音


聖観音(子宝観音)


大きな岩壁に刻まれた聖観音


如意輪観音


千手観音を参道から仰ぎ見る


如意輪観音
  


岩の形が面白い十一面観音
  


[磨崖仏の魅力][次へ]