磨崖仏の魅力

鮭立磨崖仏  福島県金山町  05/11/4 E-100RS


国道252号線から南へ、松坂峠へむかう山入川沿いの県道を約5km行った鮭立の集落の山すそにある。江戸時代中期の天明の頃、五穀豊穣と疫病退散を祈願して刻まれた。大きいもので60cm、小さいもので13cm。深沙大将、風神、雷神などその数は50体を超えるというが風化していて、そんなに確認できない。


以前は野ざらしであったが、近年、屋根が付けられたようだ。


最も保存状態のよい部分。

  




  


[磨崖仏の魅力][次へ]