磨崖仏の魅力

<大分県安心院町下市/町指定/室町時代初期> 04/9/18 SONY DSC-F828
崖の東側に7体、崖が南側へ曲がる角に2体、南側の崖の上部に1体の仏像が彫られている。南側の崖の先には、下市百穴という横穴古墳群がある。

下市磨崖仏

  


左から、不動明王、薬師如来、阿弥陀如来、観音。
  
 

南の崖の高い位置に阿弥陀如来。

下市百穴。
  

磨崖仏の魅力次へ