磨崖仏の魅力

<佐賀県伊万里市東山代町/県指定> 09/11/6 PENTAX K-7
宝積寺から500mほど山へ登ったところにある。中世の山岳寺院跡で密教の修験道場であり、宝積寺の奥の院でもあった。そして、近世になると民間信仰の場となった。岩壁に小石仏や五輪塔などが刻まれているが、はっきりとした建造年代は分からない。

白蛇山しらへびやま岩陰遺跡

 

岩壁にはたくさんの四角い窪みがあり、そこの仏像が入っている。元々は古い仏像が入っていたのであろうが、今新しいものばかりのようだ。一番下の壁面の小石仏や五輪塔は当初に彫られたものではないかと思う。柱穴と思われる四角い穴があるので、この岩壁全体に屋根が付いていたのであろう。

 

 
  

磨崖仏の魅力次へ