磨崖仏の魅力

大分県宇佐市/年代不明 2015/8/16 K-7
鷹栖観音から駅館川沿いの道を下流に100mほど行ったところにある。
この道にある古い隧道をたずねたことがあるが、そのときはこの磨崖仏に気付かなかった。

鷹栖観音の磨崖仏

  

1973年発行の「大分の磨崖仏」には右の像しか掲載されていない。左の像はその後に刻まれたものだろうか。
    

磨崖仏の魅力次へ