磨崖仏の魅力

<佐賀県唐津市/県指定/南北朝時代> 05/5/18 CanonEOS20D
鵜殿窟(うどのいわや)と呼ばれる断層岩壁に彫られた磨崖仏で、その数58体。日当たりも悪くないので、見やすく撮りやすい。北部九州を代表する石仏であり、標識が整備されているので迷うことなく行ける。

鵜殿窟磨崖仏

  


鵜殿を代表する石像。左に持国天、正面に十一面観音、右に多聞天。多聞天の左手に不動明王。
  

多聞天の左に不動明王。

不動明王のそばにセイタカ童子。

如来坐像。


  

磨崖仏の魅力次へ|