磨崖仏の魅力

<京都府和束町撰原松ノ尾/1300年> 2018/5/25 EOS 7DU/18-135
西から和束川に沿って県道5号線を走っていると、川の対岸に見えてくる。少し先にある橋を渡って、石仏の近くへ行くこともできる。

和束わづか磨崖仏

    


高さ6mくらいの巨岩に、3mくらいの弥勒菩薩が刻まれている。
光線状態が悪くて、像容がはっきりしないぼんやりとした写真になってしまった。
和束町はお茶の一大生産地。いたるところに茶畑が広がっている。
その中の一つ、原山の円形茶園に立ち寄った。

磨崖仏の魅力|次へ|