磨崖仏の魅力

磨崖和霊石(まがいわれいし)地蔵  広島県三原市佐木島 03/12/2 CAMEDIA


  

  

  
  

 

 
 

向田港の波打際の巨岩の中央、舟形の輪郭の中に地蔵坐像が彫られている。頭部の背後に円光背を浮き彫りにし、右手に錫杖を持ち、左手に宝珠をのせている。左右には花瓶を浮き彫りにし、その周辺に願文が刻んであり、正安2年(1300)仏師念心の銘がある。願文はこの地の平安を願ったものであろう。

地蔵菩薩は海に向かって西向きに彫られていて、満潮時には肩の辺りまで沈む。
広島県指定文化財。
  


[磨崖仏の魅力][次へ]