磨崖仏の魅力

<岡山県総社市下原字山崎/1398年/県指定> 06/12/4 *istD/16-45
花崗岩を幅3.6m、高さ3mに削磨し、細い線で3区に分け、各区に2体ずつの地蔵尊を舟形内に半丸彫りした約40cmの像で蓮座に立っている。左手に不動明王が刻まれているが、制作年代は地蔵より若いと思われる。

山崎六地蔵磨崖仏

  

   
 

地蔵磨崖仏のほぼ同じ像高の不動明王磨崖仏。

句碑のむこうに見える三尊磨崖仏の詳細は不明。


磨崖仏の魅力次へ|