万葉の旅

飼飯けひの海

07.12.7
*istD


                                    

淡路島西岸を南下すると、慶野松原がある。
このあたりの海が飼飯の海とされているが、定かではない。

松林の中を歩いてみた。マツクイムシによるものだろうか、
茶色の葉っぱの木が目立つ。

国民宿舎慶野松原荘北の駐車場の海側に歌碑がある。

飼飯けひの海の 庭よくあらし 刈薦かりこも
乱れて出づ見ゆ 海人
あまの釣船
柿本人麻呂 巻3−256