万葉の旅

西浦温泉「万葉の小径」の歌碑

2012/10/13
K-7
                                   


ここから、小山の上にある稲村神社までや神社の周辺に10基の万葉歌碑がある。
                                         


巻1-41 柿本人麻呂
くしろつく 答志の崎に 今日もかも
大宮人の たま藻かるらむ

巻1-24 麻続王
うつせみの 命を惜しみ 波にぬれ
伊良湖の島の 玉藻刈りをす

巻1-23 作者不詳
うつそを 麻続王 海人なれや
伊良湖が島の 玉藻刈ります
                                

巻3-272 高市黒人
四極山 うち越え見れば 笠縫の
島こぎかくる 棚無し小舟

巻3-276 高市黒人
妹も我も 一つなれかも 三河なる
二見の道ゆ 別れかねつる

巻1-57 長奥麻呂
引馬野に にほふ榛原 入り乱り
衣にほはせ 旅のしるしに
                        

巻1-42  柿本人麻呂
潮騒に 伊良湖の島べ こぐ船に
妹乗るらむか 荒き島みを

巻3-270 高市黒人
旅にして 物恋しきに 山したの
赤のそほ船 沖に漕ぐ見ゆ

巻7-1236 作者不詳
夢のみに 継ぎて見えつつ 小竹島の
磯越す波の しくしく思ほゆ
                         
 
西浦温泉前の海の風景。三河湾をはさんで対岸は渥美半島。このあたりを万葉集に詠まれた安礼の崎とする説もある。
稲村神社前には
高市黒人の58番の歌碑がある。 いづくにか 舟泊(は)てすらむ 安礼の崎 漕ぎ廻(た)み行きし 棚なし小舟


万葉の旅