万葉の旅

志都の岩屋

09/6/7
K10D

大汝
おほなむち 少彦名すくなひこの いましけむ 志都しつ石室いはやは 幾代いくよぬらむ
生石村主真人おひしのすぐりまひと  巻3−355
大国主命と少彦名命の二神がお住まいになっていたという志都の岩屋は、どれほどの時代を経たことであろうか。
                         

志都岩屋神社入口。右手に名勝・天然記念物「志都の岩屋」の石碑。

社殿横の犬養孝先生揮毫の歌碑。
                        
                            

社殿裏の鏡岩。傍らから清水が湧いている。

奥の院付近の巨岩・千畳敷。
                                 

古志都という名の石窟。