万葉の旅

垂水・島熊山

10/3/27
K-7

石走
いはばしる 垂水の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも
志貴皇子 巻8−1418
岩を伝い勢いよく流れ落ちる滝の上のわらびの新芽が顔を出す春になったんだなぁ。
                                          

大阪府吹田市垂水の垂水神社。

境内にある歌碑。
                                      

垂水の滝は「石走る」とは程遠い細流だった。
                                        
玉かつま 島熊山の 夕暮れに ひとりか君が 山道越ゆらむ
巻12−3193
島熊山の夕暮れに一人であたなは山道を越えるのだろうか。
                                         



大阪府豊中市の豊中不動寺。
島熊山の地名は、バス停や交差点にも残っている。


万葉の旅|次へ|