万葉の旅

和歌浦

10/3/20
PENTAX K-7/17-70
                                          

神亀元年甲子の冬の十月の五日に、紀伊の国に幸す時に、山部宿禰赤人が作る歌一首
やすみしし 我ご大君の 常宮と 仕へ奉れる 雑賀野ゆ そがひに見ゆる 沖つ島清き渚に 風吹けば
白波騒き 潮干れば 玉藻刈りつつ 神代より しかぞ貴き 玉津島山
 巻6−917
反歌二首
沖つ島 荒磯の玉藻 潮干満ち い隠りゆかば 思ほえむかも 巻6−918
沖の島の荒磯にはえる藻が、潮が満ちてきて隠れてしまったら、恋しく思われるでしょう。
若の浦に 潮満ち来れば 潟をなみ 葦辺をさして 鶴鳴き渡る 山部赤人 巻6−919
和歌の浦に潮が満ちてくると千潟がなくなるので、葦のほとりをめざして鶴が鳴き渡ってゆく。

片男波砂洲から見た和歌の浦。正面が玉津島山。「沖つ島」と詠われているように、当時は陸続きではなく島だったようだ。
                                                    

 
玉津島神社前の歌碑。右が長歌一首、左が短歌二首。

玉津島神社前の巻7−1222の歌碑。

玉津島 見れども飽かず いかにして 包み持ち行かむ 見ぬ人のため 
巻7−1222
玉津島は見ていて飽きない。この景色をどのようにして包んで持ち帰ったらよいのだろう、見ていない人のために。
                                            
 
塩竈神社と「若の浦に潮満ち来れば」の歌碑。
                                                     

塩竈神社前の不老橋は嘉永4年(1851)の建造。