万葉の旅

矢野の神山かむやま

2013/9/9
K-7/16-45

妻ごもる 矢野の神山 露霜に にほひそめたり 散らまく惜しも 巻10−2178
矢野の神山が露や霜で美しく色付き始めた。この美しい黄葉が散ってしまうの惜しいことである。
                                                                                                                      



八幡浜市の街中の小高いところに八幡神社がある。社殿右手に、「萬葉史
蹟矢野神山」の石碑があり、社殿裏手に万葉仮名の歌碑が建っている。

矢野の神山の場所については諸説があり定かではない。