文学を歩く

万葉の旅

万葉集ゆかりの地をたずねる
 

地 

都道府県

地 名

所在地

          万 葉 歌

東 北

宮 城

陸奥山 涌谷町 天皇の 御代栄えむと なる 陸奥山に 花咲く
多賀城 多賀城市 大伴の 神祖の 奥城は しるく立て 人の知るべく

福 島

安達太良 二本松市 安達太良の に伏す鹿猪の ありつつも れはらむ 寝処な去りそね
安積香山 郡山市 積香山 影さへ見ゆる の 浅き心を 我が思はなくに
会津嶺 磐梯町 会津嶺の 国をさ遠み 逢はなはば 偲ひにせもと 紐結ばさね

関 東

群 馬

利根川 みなかみ町 利根川の 川瀬も知らず ただ渡り 波にあふのす 逢へる君かも
伊香保 渋川市 伊香保風 吹く日吹かぬ日 ありといへど 我が恋のみし 時なかりけり
佐野山 高崎市 佐野山に 打つや斧音遠かども 寝もとか児ろが 面に見えつる
碓氷 軽井沢町 日の暮れに 碓氷の山を 越ゆる日は 背なのが袖も さやに振らしつ

信 越

新 潟

沼名川 糸魚川市 名川 底なる玉 求めてし玉かも ひて得し玉かも あたらしき君が 老ゆらく惜しも
弥彦 弥彦村 弥彦 おのれ神さび 青雲の たなびく日すら 小雨そほ降る
佐渡 佐渡市 天地を 嘆き祈ひ祷み 幸くあらば またかへり見む 志賀の辛崎

長 野

浦野の山 上田市 かの児ろ 寝ずやなりなむ はだすすき 浦野の山に 月片寄るも
千曲川 千曲市 信濃なる 千曲の川の 細石も 君し踏みてば 玉と拾はむ

北 陸

富 山

立山 立山町 立山に 降り置ける雪を 常夏に 見れども飽かず からならし
伊久里の杜 砺波市 妹が家に 久里の  今む春も かくし見む
石瀬野 高岡市 瀬野に 秋萩しのぎ 馬めて 初鳥だに せずや別れむ
雄神川 高岡市 雄神川 紅にほふ 娘子らし 葦付取ると 瀬に立たすらし
三島野 射水市 三島に たなびき しかすがに 昨日今日も 雪は降りつつ
奈呉の江 射水市 みなと港風 寒く吹くらし 奈呉の江に 呼びし 
越中国府 高岡市 もののふの 八十子らが ふ 寺井の 堅香子の花
谿の崎 高岡市 めて いざ打ちかな 渋谿の 清きみに 寄する波
二上山 高岡市 谿 二上山 子産といふ にも 君のみために 鷲ぞ子産といふ
の海 氷見市 の海の つ白波 ありひ いや年のはに 見つつしのはむ
英遠の浦 氷見市 英遠の浦に 寄する白波 いや増しに 立ちしき寄せ来 あゆをいたみかも
礪波の関 小矢部市 焼大刀を 礪波の関に 明日よりは 守部遣り添へ 君を留めむ
礪波山 小矢部市 君と我れと 隔てて恋ふる 礪波山 飛び越え行きて 明け立たば

石 川

饒石川

輪島市 妹に逢はず 久しくなりぬ 饒石川 清き瀬ごとに 水占延へてな  
珠洲の海 能登町 珠洲の海に 朝開きして 漕ぎ来れば 長浜の浦に 月照りにけり  
熊来 七尾市 はしたての 熊木のやらに 新羅斧 落し入れ わし かけてかけて な泣かしそね〜
机の島 七尾市

香島嶺の 机の島の しただみを い拾ひ持ち来て 石もち つつき破り〜

福 井

味真野 越前市 味真野に 宿れる君が 帰り来む 時の迎えを いつとか待たむ
手結・五幡 敦賀市 可敝流みの 道行かむ日は 五幡の 坂に袖振れ 我れをし思はば
三方の海 若狭町 若狭なる 三方の海の 浜清み い行き帰らひ 見れど飽かぬかも

東 海

愛 知

伊良虞の島 田原市 潮騒に 伊良虞の島辺 漕ぐ舟に 妹乗るらむか 荒き島みに
篠島 南知多町 夢のみに 継ぎて見えつつ 小竹島の 磯越す波の しくしく思ほゆ  
引馬野 豊川市 引馬野に にほふ榛原 入り乱れ 衣にほはせ 旅のしるしに  
梶島 吉良町 暁の 夢に見えつつ 梶島の 磯越す波の しきてし思ほゆ  
年魚市潟 名古屋市 年魚市潟 潮干にけらし 知多の浦に 朝漕ぐ舟も 沖に寄るみゆ  
須佐の入江 南知多町 あぢの住む 渚沙の入江の 荒磯松  我を待つ子らは ただひとりのみ

岐 阜

多芸 養老町 いにしへゆ 人に言ひ来る 老人の をつといふ水ぞ 名に負ふ滝の瀬 
泳の宮 可児市 ももきね 美濃の国の 高北の 泳の宮に 日向ひに 行靡闕矣 ありと聞きて〜
丹生の川 高山市 飛騨人の 真木流すといふ 丹生の川  言は通へど 舟ぞ通はぬ
斐太の細江 古川町 白真弓 斐太の細江の 菅鳥の  妹に恋ふれか 眠を寝かねつる

静  岡

麁玉伎倍 浜松市 麁玉の 伎倍の竹垣 網目ゆも 妹し見えなば 我れ恋ひめやも
焼津 焼津市 焼津辺に 我が行きしかば 駿河なる 阿倍の市道に 逢ひし子らはも
三保の浦 静岡市 廬原の  清見の崎の 三保の浦の  ゆたけき見つつ もの思ひもなし
佐和多里 静岡市 左和多里の 手児にい行き逢ひ 赤駒が 足掻きを速み 言とはず来ぬ
田子の浦 富士市 田子の浦ゆ うち出でて見れば 真白にぞ 富士の高嶺に 雪は降りける

近 畿

滋 賀

淡海の海 大津市 淡海の海 夕浪千鳥 汝が鳴けば 情もしのに 古思ほゆ
大津の宮 大津市 楽浪の 志賀の辛崎 幸くあれど 大宮人の 舟待ちかねつ
蒲生野 東近江市 あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る
沖つ島山 近江八幡市 淡海の海 沖つ島山 奥まけて 我が思ふ妹を 言の繁けく
逢坂山 大津市 我妹子に 逢坂山を 越えて来て 泣きつつ居れど 逢ふよしもなし

京  都

宇治川 宇治市 もののふの 八十宇治川の 網代木に いさよふ波の ゆくへ知らずも 

奈  良

吉野 吉野町 見れど飽かぬ 吉野の川の 常滑の 絶ゆることなく またかへり見む
阿騎野 大宇陀市 東の 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月かたぶきぬ
明日香川 明日香村 明日香川 明日も渡らむ 石橋の 遠き心は 思ほえぬかも
大和三山 橿原市 春過ぎて 夏来るらし 白栲の 衣干したり 天の香具山
三輪山 桜井市 三輪山を しかも隠すか 雲だにも 心あらなも 隠さふべしや
泊瀬 桜井市 こもりくの 泊瀬の山の 山の際に いさよふ雲は 妹にかもあらむ
忍坂・粟原 桜井市 いにしへに 恋ふらむ鳥は ほととぎす けだしや鳴きし 我が恋ふるごと
奈良の都 奈良市 あをによし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり
歌姫越え 奈良市 佐保過ぎて 奈良の手向けに 置く幣は 妹を目離れず 相見しめとそ
    佐保路 奈良市 我が背子が 見らむ佐保道の 青柳を 手折りてだにも 見むよしもがも
春日野 奈良市 見わたせば 春日の野辺に 霞立ち 咲きにほへるは 桜花かも
奈良の明日香 奈良市 故郷の 明日香はあれど あをによし 奈良の明日香を 見らくしよしも
高円山 奈良市 高円の 秋野の上の 朝霧に 妻呼ぶを鹿 出で立つらむか
多武峰 桜井市 ふさ手折り 多武の山霧 しげみかも 細川の瀬に 波の騒ける
宇智の大野 五條市 たまきはる 宇智の大野に 馬並めて 朝踏ますらむ その草深野
阿太の大野 五條市 真葛原 なびく秋風 吹くごとに 阿太の大野の 萩の花散る
水分山 吉野町 神さぶる 岩根こごしき み吉野の 水分山を 見れば悲しも 
山辺の御井 山添村⊡奈良市 山辺の 御井を見がてり 神風の 伊勢娘子ども 相見つるかも  
百済野 広陵町 百済野の 萩の古枝に 春待つと 居りしうぐひす 鳴きにけむかも

和歌山

藤白坂 海南市 藤白の 御坂を越ゆと 白栲の 我が衣手は 濡れにけるかも
岩代 みなべ町 岩代の 浜松が枝を 引き結び ま幸くあらば また帰り見む
和歌浦 和歌山市 若の浦に 潮満ち来れば 潟をなみ 葦辺をさして 鶴鳴き渡る
三穂の浦 美浜町 風早の 三穂の浦みを 漕ぐ舟の 舟人騒く 波立つらしも
白崎 由良町 白崎は 幸くあり待て 大船に 真梶しじ貫き またかへり見む
妹が島 和歌山市 藻刈り舟 沖漕ぎ来らし 妹が島 形見の浦に 鶴翔る見ゆ
妹山・背山 かつらぎ町 背の山に 直に向へる 妹の山 事許せやも 打橋渡す
真土山 橋本市 いで我が駒 早く行きこそ 真土山 待つらむ妹を 行きてはや見む
大崎 海南市 大崎の 神の小浜は 狭けども 百舟人も 過ぐと言はなくに

兵 庫

縄の浦 相生市 の浦に 塩焼くのけ 夕されば 行き過ぎかねて 山にたなびく
鳴島 相生市 の 瀬戸なる 鳴島の 越す波に れにけるかも
辛荷の島 たつの市 刈る 辛荷の島に 島廻する にしもあれや 家思はずあらむ
名寸隅 明石市 行きり ともかめや 名寸隅の 舟瀬の浜に しきる白波
藤江の浦 明石市 の 藤江の浦に 釣る 海人とか見らむ 旅行く我れを
明石の門 明石市  長道ゆ 恋ひ来れば 明石より 大和島見ゆ
松帆の浦 淡路市 名寸隅の 舟瀬ゆ見ゆる 淡路島 松帆の浦に 朝なぎに 玉藻刈りつつ
野島 淡路市 朝なぎに 聞こゆ 御食つ国 野島海人の 舟にしあるらし
飼飯の海 南あわじ市 飼飯の海の 庭よくあらし 刈菰の 乱れて出ず見ゆ 海人の釣り舟
敏馬の浦 神戸市 刈る 敏馬を過ぎて 夏草の 野島の崎に 船近づきぬ
莵原娘子 神戸市 いにしへの 信太壮士の どひし 莵原娘子の 奥城ぞこれ
垂水・島熊山 吹田・豊中市 石走る 垂水の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも

中 国

鳥 取

因幡国庁 鳥取市 新しき 年の初めの 初春の 今日降る雪の いやしけ吉事よごと

島 根

高角山 江津市 のや 高角山の より 我が振る袖を 見つらむか
辛の崎 江津市 つのさはふ 石見の海の さへく の崎なる 海石にぞ 
鴨山 益田市 鴨山の 岩根ける 我れをかも 知らにと妹が 待ちつつあるらむ
志都の岩屋 邑南町 大汝 少彦名の いましけむ 志都石室は 幾代ぬらむ
鴨山斉藤茂吉説 美郷町 鴨山の 岩根ける 我れをかも 知らにと妹が 待ちつつあるらむ
浮沼の池 大田市 君がため の池の 菱摘むと 我がめし れにけるかも  
静之窟 大田市 大汝 少彦名の いましけむ 志都石室は 幾代ぬらむ
石川 江津市 今日今日と 我が待つ君は 石川の 峡に交りて ありといはずやも
飫宇の海 松江市 飫宇の海の 河原の千鳥 汝が泣けば 我が佐保川の 思ほゆらくに

岡 山

牛窓 瀬戸内市 牛窓の 波の潮騒 島響み 寄そりし君は 逢はずかもあらむ

広 島

高庭駅家 廿日市市 出でて行きし 日を数へつつ 今日今日も 我を待たすらむ 父母らはも
長門の島 呉市 我が命を 長門の島の 小松原 幾代を経てか 神さびわたる
風早の浦 東広島市 我がゆゑに 妹嘆くらし 風早の 浦の沖辺に 霧たなびけり
長井の浦 三原市 海原を 八十島り 来ぬれども 奈良の都は 忘れかねつも
鞆の浦 福山市 海人小舟 帆かも張れると 見るまでに 鞆の浦みに 波立てりみゆ

山 口

角島 下関市 角島の 迫戸の稚海藻は 人のむた 荒かりしかど 我れとは和海藻
可良の浦 平生町 より らし 可良の浦に あさりする 鳴きてきぬ
伊波比島 上関町 草枕 旅行く人を 伊波比島 幾代経るまで 斎ひ来にけむ
大島の鳴門 大島町 これやこの 鳴門の 渦潮に 玉藻刈るとふ 海人娘子ども

四 国

徳 島

阿波の山 徳島市 眉のごと 雲居に見ゆる 阿波の山 懸けて漕ぐ舟 泊り知らずも

愛 媛

伊予の温泉 松山市 ももしきの 大宮人の 熟田津に 船乗りしけむ 年の知らなく
矢野の神山 八幡浜市 妻ごもる 矢野の神山 露霜に にほひそめたり 散らまく惜しも
熱田津 松山市 熟田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな

香 川

沙弥島 坂出市 玉藻よし 讃岐の国は 国からか 見れども飽かぬ 神からか・・・
網の浦 坂出市 霞立つ 長き春日の 暮れにける わづきも知らず むらきもの・・・

九 州

福 岡

企救/飛幡 北九州市 の 企救長浜 行き暮らし 日の暮れゆけば をしぞ思ふ
岡の水門 芦屋 天霧らひ ひかた吹くらし 水茎の 水門に 波立ちわたる
鐘の岬 宗像市 ちはやぶる を 過ぎぬとも 我れは忘れじ 志賀の皇神
名児山 宗像市 大汝 少彦名の 神こそば 名付けそめけめ 名のみを 名児山
香春かはる鏡山 香春かわら 梓弓 引き豊国の 鏡山 見ずならば 恋しけむかも
嘉摩 嘉麻市 も も玉も せむに まされる宝 子にしかめやも
夷守ひなもり 粕屋町 草枕 旅行く君を しみ たぐひてぞし 志賀浜辺
香椎 福岡市 いざ子ども 香椎に 白栲の さへれて 朝菜摘みてむ  
志賀 福岡市 に 小船引きへ くとも 志賀荒雄に はめやも
荒津 福岡市 さぶる 荒津に 寄する波 なくや妹に 恋ひわたりなむ  
筑紫館 福岡市 今よりは づきぬらし あしひきの 山松蔭に ひぐらし鳴きぬ  
御笠の杜 大野城市 思はぬを 思ふと言はば 大野なる の 神し知らさむ  
水城 太宰府市 ますらをと 思へる我れや の 水城に はむ  
大野山 太宰府市 大野 立ち渡る が嘆く おきその風に 霧立ち渡る  
観世音寺 太宰府市 しらぬひ 筑紫の綿は 身に付けて いまだはねど けく見ゆ
大宰府 太宰府市 あをによし 寧楽の京師は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり
次田の湯 筑紫野市 湯の原に 鳴くは 我がごとく に恋ふれや 時わかず鳴く
蘆城 筑紫野市 をみなへし 萩交る 蘆城 今日を始めて 万代に見む
安の野 筑前町 君がため みし の野に ひとりや飲まむ 友なしにして
残島 福岡市 沖つ鳥 鴨とふ船の 帰り来ば 也良の崎守 早く告げこそ
韓亭 福岡市 韓亭 能許の浦波 立たぬ日は あれども家に 恋ひぬ日はなし
引津の亭 志摩町 梓弓 引津の辺なる なのりその花 摘むまでに 逢はずあらめやも なのりその花
子負の原 二丈町 の ともに久しく 言ひ継げと この御魂 かしけらしも

佐 賀

松浦川 唐津市 松浦川 玉島の浦に 若鮎釣る らを見らむ 人のしさ  
領布麾の嶺 唐津市 遠つ人 松浦佐用姫 夫恋ひに 領巾振りしより 負へる山の
狛島 唐津市 帰り来て 見むと思ひし 我がやどの すすき 散りにけむかも  
吉志美が嶽 白石町 あられふり 吉志美が嶽を 険しみと 草取りかねて 妹が手を取る

大 分

倉無の浜 中津市 吾妹子が 赤裳づちて 植えし田を 刈りて収めむ 倉無の浜
分間の浦 中津市 海原の 沖べに灯し 漁る火は 明かしてともせ 大和島見ゆ
朽網山 竹田市 朽網山 夕居る雲の 薄れ行かば われは恋ひむな 君が目を欲り
木綿の山 由布市 思ひ出づる 時はすべなみ 豊国の 木綿山雪の 消ぬべく思ほゆ

長 崎

美禰良久 五島市 の はさなくに さかしらに 行きし荒雄ら 沖に振る
平敷の石 長崎市 の ともに久しく 言ひ継げと この御魂 かしけらしも
竹敷の浦 対馬市 竹敷の 玉藻なびかし 漕ぎ出なむ 君がみ船を いつとか待たむ
浅茅の浦 対馬市 百船の 泊つる対馬の 浅茅山 しぐれの雨に もみたひにけり
石田野 壱岐市 石田野に 宿りする君 家人の いづらと我を 問はばいかに言はむ

熊 本

水島 八代市 聞きしごと  まこと貴く  奇しくも 神さびをるか これの水島
野坂の浦 芦北町ほか 葦北の  野坂の浦ゆ  船出して  水島に行かむ  波立つなゆめ

宮   崎

高千穂 高千穂町 ひさかたの 天の戸開き 高千穂の 岳に天降りし 皇祖の 神の御代より

鹿児島

薩摩の瀬戸 長島 隼人の 薩摩の瀬戸を 雲居なす 遠くも我れは 今日見つるかも
太宰府市歴史スポーツ公園歌碑めぐり 筑紫野市天拝湖畔の歌碑 神戸市平磯緑地 「万葉歌碑の道」 虹の松原万葉の里公園の歌碑
片男波公園「万葉の小路 」の歌碑 桜井市井出池周辺の歌碑 「山の辺の道」の歌碑 飛鳥路の歌碑
倶利伽羅峠「万葉公園」の歌碑 生駒市の歌碑 西浦温泉「万葉の小径」 の歌碑  

万葉時代の主な出来事

第1期

舒明天皇
有馬皇子
天智天皇
額田王
天武天皇
630 遣唐使始まる

第2期

持統天皇
柿本人麻呂
高市黒人
志貴皇子
長田王
689 飛鳥浄御原律令施行

飛鳥時代
(629-686)

645 大化の改新

藤原時代
(687-707)

694 藤原京遷都
663 白村江の敗戦 701 大宝律令完成
667 大津京遷都    
672 壬申の乱    

第3期

山部赤人
笠金村
大伴旅人
山上憶良
大伴坂上郎女
708 和同開珎

第4期

聖武天皇
光明皇后
狭野茅上娘子
紀郎女
大伴家持
729 長屋王の変

和銅/養老
(708-728)

710 平城京遷都

天平時代
(729-751)

740 藤原広嗣の乱
712 古事記完成 741 国分寺建立の詔
718 養老律令完成 743 墾田永世私財法
720 日本書紀完成 744 難波京遷都

 参考サイト万葉集を携えて
 参考文献 
犬養孝「万葉の旅/上・中・下」(教養文庫) 梅林孝雄「
福岡県万葉歌碑見て歩き」(海鳥社)
      山崎しげ子「奈良大和路の万葉歌碑」(東方出版)  日本古典文庫・折口信夫訳「万葉集上・下」(河出書房新社)
            中西進「万葉の歌・全15巻」(保育社)


 since 2017/5/23