眼鏡橋巡礼フォトギャラリー(10) 日本最北の眼鏡橋 04/4/25-26 SONY/DSC-F828 CAMEDIA/C-5060WZ

   

吉田橋の親柱

橋 名

所在地

架橋年代

備 考

堅磐橋 上山市川口 明治11年/2連 前川
中山橋 上山市中山 明治11年 からじゅく川
幸 橋 高畠町幸町 明治12年  
太鼓橋 山形市鉄砲町光禅寺 明治12年   
新 橋 上山市楢下 明治13年 金山川
吉田橋 南陽市小岩沢 明治13年 前川
蛇ヶ橋 南陽市小岩沢 明治14年 北川
綱取橋 小国町綱木 明治14年  
硯 橋 上山市楢下 明治15年 金山川
舞鶴橋 米沢市丸の内米沢城址 明治15年  登録文化財
多嘉橋 天童市本町 明治20年  明治村へ移築
幾代橋 村山市岩野 明治22年  
康寿橋 南陽市赤湯 明治末期?  
 

日本最北の眼鏡橋は山形県にあり、現存数13基。うち1基は明治村に移築保存されている。
建造は明治10年代が中心で、建造から130年くらいになる。このうち、上山市の4基、
南陽市の2基、米沢市の1基、計7基をたずねた。
 


堅磐(かきわ)橋、別名川口の眼鏡橋
 

■中山橋
 

■新橋
 

■吉田橋
 

蛇ヶ(じゃが)橋、別名小巌橋
 

■覗(のぞき)
 

■舞鶴