眼鏡橋巡礼 間戸橋(まどばし)


megane-mado.JPG (244324 バイト)       幻のような眼鏡橋

 今までに500ヶ所くらいの眼鏡橋をた
ずね歩いたが、なぜか幻のようにいつも頭
からはなれない眼鏡橋がある。その橋の名
は、間戸橋という。

 1992年10月、犬飼町・臼杵市・野
津町の眼鏡橋をまわり、その夜は竹田市に
宿泊した。翌日、緒方町の眼鏡橋を撮影し、
清川村から三重町へ流れる中津牟礼川に残
る眼鏡橋をたずねたのち、小都留という集
落をめざした。

 山に向かって道なりに進むと、やがて民
家が見えてくる。その民家で眼鏡橋の場所
をたずねると、すぐ裏だと言う。中庭に車
を置かせてもらい眼鏡橋へ向かう。

 川を挟んで民家と森があり、秋の夕暮れ
が迫っていてあたりは薄暗い。川には水が
少なく淡い光が川面を照らし、そのむこう
に黒いアーチが見える。
   92/10/31 Pentax67/105mm

   間戸橋の建造は1848年以前と推定されているが、正確な建造年はわからない。地元では
  紅毛人(西洋人)かけたキリシタン橋と呼ばれている。石組みはかなり乱雑で、150年の風
  雪を経てゆがみが出ている。

   橋長10m径間5mであるが、アーチが二重になっていて一般の眼鏡橋よりも厚みがあり、
  馬蹄形をしているため径間が実際より狭く感じる。


   川面の岩肌を伝って流れる水音がかすかに聞こえ、木々を渡る風がさやさやと音を立ててい
  る。あたりは静寂そのものである。やがて日が沈み冷気が漂う。アーチはさらに黒さを増して、
  迫ってくる闇の中へと次第に溶け込んでゆく。

   その夜も竹田市に宿泊し、翌日は、市内の笹無田井路橋・山王橋・住吉橋などを撮影して高
  千穂へ向かったが、いつまでも間戸橋の黒いアーチがつきまとった。あの幻のような眼鏡橋は、
  今も健在だろうか。

                      [眼鏡橋巡礼]