Index Next
甘木市/秋月 西鉄バス「郷土館前」
下車、徒歩5分
  1999.8.25 2000.4.6
2003.7.28


akiduki-sekibutu.jpg (61733 バイト)
秋月の南側の入口付近に立つ石仏
          


鎌倉時代の1203年に秋月氏が山城を築き、その400年後には福岡黒田家の分家、5万石の城下町となった。

当時は、千軒五千人が住んで大変にぎわっていたと伝えられる町も、現在は三百軒千人ほどの静かなたたずまいの町となっている。

今や城下町の面影も希薄で、見所がたくさんある訳ではないのに、多くの観光客がやってくるのは、町全体にただようやすらぎ感にひかれるからであろう。町並みから少し入った野鳥川沿いの散策がおすすめ。



           

akiduki-kuromon.jpg (126471 バイト)
城下町の面影をわずかに残す秋月城黒門。
               

fuku-akiduki2.jpg (11463 バイト)
野鳥川にかかる1810年建造の秋月目鏡橋、
おとずれたときは満開の櫻に彩られていた。
夏の眼鏡橋・壁紙→1024×768

         
akiduki-suginobaba.jpg (156649 バイト)
秋月散策のハイライトは杉の馬場。
28-notorigawa.jpg (23411 バイト)
東から西へ流れる野鳥川沿いの散歩道には風情がある。



石田家住宅(福岡県指定)とイヌマキの木(甘木市指定)


廣久葛本舗


今小路の鉤の手。


戸波半九郎屋敷跡の秋月郷土館内に復元
されている戸波邸。

■秋月武家屋敷久野(ひさの)邸 2015/4/2 EOS 5D
月見坂の東端にある。久野邸は秋月藩の上級武士の屋敷。
建物はいつの時代のものか分からないが、1994年に修復が行われ現在の姿になっている。



■旧田代家住宅/朝倉市指定文化財 2015/4/2 EOS 5D
月見坂を西へ行くと坂道の途中にある。田代家は秋月藩の家老を勤めた。
現在の建物は文化12年(1815)頃に再建されたもので、その後増改築が行われた。