関連サイト石谷家住宅 Index Next
因幡街道・智頭 因幡街道は奈良時代以降、畿内と因幡を結ぶ幹道で、江戸時代は参勤交代の道でも
あった。智頭は因幡街道と備前街道が合流する地で、両街道の宿場町として栄えた。
2013/3/1
K-7

智頭小学校の南にある駐車場から、上町、下町、新町、中町の順に一周した。石谷家住宅の見学時間を含めて1時間ほどかかった。
                                                                                    

上町の民家。

曹洞宗興雲寺の特異な山門。
                                                                                                  



山林地主だった米原家住宅。非公開なの惜しい。


←消防屯所/昭和16年(1941)/登録有形文化財


塩谷出店/明治30年(1897)/登録有形文化財。
                                                                                                            

塩谷出店の裏にあるのは西河克己映画記念館。
昭和5年(1930)頃の教会、登録有形文化財。

塩谷出店付近の民家。
ふたつの建物が接していて、どちらも2階建てであるが高さがかなり違う。
                                                                                                                

中町公民館/登録有形文化財。
病院として建てられ大正11年(1922)から幼稚園として使用されていた。

下町公民館/大正14年(1925)/登録有形文化財。智頭町役場として建てられ、昭和3年(1928)に現在地へ移築された。


諏訪酒造の黒い壁。