Index Next
深澤家住宅 屋号は「加納屋」、行商を家業としていた。主屋は嘉永7(1854)年建築の切妻造り、二重の出梁や吹き抜けの大黒柱など木曽の代表的な建物として価値が高いという。

07.4.9
*istD