Index Next
銀山地区を歩く 世界遺産「石見銀山」、銀山橋付近の番所跡から龍源寺間歩まで約2.2km。
道沿いには、銀山に関連する旧蹟があり、片道約1時間の散策が楽しめる。
2011/11/5
K10D


銀山地区へは一般車両の乗り入れが禁止されている。銀山公園には無料の駐車スペースがあるが収容台数は少ない。
銀山公園を出てすぐの銀山橋を渡った先に番所跡があり、かつては柵があった。ここを銀山地区散策の出発点とした。
                                                                                             

番所跡前にある渡辺家住宅は、大森代官所同心の遺宅。

石段を上った奥に初代銀山奉行大久保石見守の墓所がある。
                                                                                                          

戦国大名毛利元就を祀っている豊栄(とよさか)神社。山門前の石造りの用水桶が印象に残った。


石州瓦の土壁の民家に柿の紅葉が美しい。
                                                                                                              

龍昌寺跡付近の銀山大盛祈願道場碑。銀山の繁栄を祈願した場所。

安養寺経堂の龍の鏝絵。


清水寺(せいすいじ)山門の扁額は幕末の第57代官加藤餘十郎の書「銀華巌」。
 
 
山門の中には石造毘沙門天像(左)と不動明王像(右)。


高橋家は銀山町年寄山組頭(としよりやまぐみがしら)の遺宅で、茶室を設け、付属建物では酒造なども行なっていたという。
山組頭は鉱山の取締役で鉱夫の人事や物資の購入などを担当していた。

 
佐毘売山(さひめやま)神社は鉱山の神とされる金山彦命を祀っている。