Index Next

萩市/堀内   2002.2.9
FinePix1300


hagi-horiuti-hei.jpg (123383 バイト)
土塀からのぞく夏みかん。萩を代表する風景。


選定地区は旧萩城三の丸地域で、藩の諸役所(御蔵元・御木屋・諸郡御用屋敷・御膳夫所・御徒士所)や毛利一門、永代家老、寄組といった重臣たちの邸宅が建ち並んでいた。

現存の建物としては、永代家老益田家の物見矢倉、旧周布家の長屋門、繁沢家の長屋門、永代家老福原家の長屋門、口羽家表門と主屋等がよく旧態をとどめている。

明治以後、士族救済のために広大な屋敷跡に植栽された夏みかんが、これら長屋門や土塀などと一体をなし、歴史的風致を残している。

 

hagi-horiuti-hasi.jpg (50199 バイト) hagi-horiuti-kagimagari.jpg (61385 バイト)
南端の平安橋       長い塀の鍵曲(かいまがり)

hagi-horiuti-fukuhara.jpg (72277 バイト)
 hagi-horiuti-masuda.jpg (48164 バイト)
朱色の旧福原家萩屋敷門   益田家老長屋

13年ぶりに堀内をたずねた。
当時は電話回線を使ったインターネットだったし、サーバー容量も小さかったので、小さな画像しか掲載できなかった。
今から考えると、通信技術の発達は隔世の感がある。
町並みはほとんど変わっていなかったが、角ごとに観光客向けの案内標柱があり分かりやすくなっていた。
萩博物館に駐車して、外堀から左回りに徒歩で一周した。所要時間は1時間半ほどだった。 2015/4/24 PENTAX K-7/16-45


外堀と2004年に復元された北の総門。
ここは西の三の丸(堀内地区)と東の城下町の境界。


北の総門近くの民家。
黄色いみかんと紅いハナミズキ。


旧益田家物見矢倉(旧益田家老長屋)。北の総門の監視も行っていた。


旧周布家長屋門。江戸中期の美しい意匠の建築。


菊ヶ浜が近かったので立ち寄った。砂浜の向こうに指月山。


問田(とんだ)益田氏旧宅土塀。市内最長の230m。


旧福原家萩屋敷門。


旧二の宮家長屋門。

 

国指定重要文化財口羽家住宅。


堀内鍵曲を東から見る。


堀内鍵曲を南から見る。萩を代表する風景。


旧児玉家長屋門。


平安古地区との境界・新堀川にかかる平安橋。


萩博物館南側の通り。江戸時代の建築を模した新しい建造物であるが、電線など邪魔なものがなくて美しい。