参考サイト木綿街道 Index Next
木綿街道平田 江戸末期から明治初期にかけて、「平田木綿」は大阪や京都で良質の木綿として高く
評価され、木綿の集散地として多くの船が往来し、にぎやかな市場町として発展した。
2013/2/26
EOS 5D

平田船川にそって古い町並みが残っている。
平田大橋を渡ったすぐのところにある駐車スペースに車を置いて、片原町、新町、川の対岸を平田大橋へ戻り、30分ほど散策した。

新大橋から平田大橋方を見る。かつてはここに船が横付けされていたという。この家並みの表側が片原町。
                                                                                                  

片原町入口の飯塚酒店。現在は酒は造っていないようだ。

飯塚酒店の隣の来間屋生姜糖本舗で創業300年。
                                                                                                          

明治10年(1878)創業の酒持田本店。

新町入口付近の家並み。朱色の格子が印象的。
                                                                                                              

新町の本石橋邸。18世紀中ごろ建造の地主の邸宅で、登録有形文化財に指定されている。