Index Next
旧広瀬家住宅 別子銅山の近代化に貢献した広瀬宰平の旧宅で明治10年(1877)の建造。明治18年(1885)に現在地に移築された。おとずれたのは夕方、母屋は光線状態がよくなかった。

2014/5/21
EOS 5D/24-105

                         

別子銅山関係の資料を展示した展示館への連絡路から見る。醤油蔵のむこうに離れと母屋の屋根が見えている。
                          

玄関。

庭から2階建ての母屋を見る。右の屋根は金物蔵・米蔵。


母屋2階の硝子障子越しに金物蔵・米蔵の屋根を見る。
                                         

左は乾蔵(倉庫)、右は醤油蔵。

裏門。