Index Next
北条家住宅 江戸時代中期、18世紀後半の建築。北条家の祖・道益は、寛文3年(1663)に佐渡へ配流され、相川地区で漢方医となった。赦免になると国仲に移住。代々医者として子孫が続いている。

2012/10/8
K20D

 



近くの国中平野の田園風景。道益は、この風景の中でやすらかな気持ちで暮らしたのではないかと思う。