Index Next
生野口銀谷の町並み 口銀谷(くちがなや)は、生野銀山と共に発展した町で、鉱山職人など住
民の大部分は銀山と関係して暮らしていた。町並みは文化財だらけ。
  06.10.21
  *istD


銀山役人が住んでいた甲社宅/明治8年建造/日本最古の社宅

江戸時代の宿を再生した生野まちづくり工房井筒屋/国登録文化財
                                                                   

町並みの東側を流れる市川沿いにはトロッコ軌道跡が残っている。  デジカメ散歩/生野銀山跡
                                                                

佐藤家住宅別邸/江戸後期/国登録文化財

一区公民館/旧生野警察署/明治19年/市指定文化財
                                                               

生野書院/材木商の住宅を改修した郷土資料館

生野駅前の日下旅館/明治43年/大正10増築/国登録文化財