Index Next

参宮客の台所・伊勢河崎

JR参宮線伊勢市駅
から徒歩約15分。

2002.5.26
CAMEDIA E-100RS


isekawasaki-dohyo.jpg (182219 バイト)
古い道標が立つ河崎の町並み。
お伊勢参りが庶民に広まったのは室町時代であるが、最も盛んだったのは江戸時代末期。「おかげ参り」」と呼ばれた集団での参宮が社会現象となった。当時の人口は2000万〜3000万人と推定されているが、半年間で約400万人以上もの人が全国から伊勢へやってきたという。

参宮客をもてなす食糧は、船で勢田川をさかのぼって河崎へ運ばれた。山形をした屋根のある側に出入口を設けた「妻入り」の民家が今も立ち並び、かっての繁栄をしのばせてくれる。

内宮前のおはらい町が10年をかけてよみがえったように、河崎の町も再生へ向けての運動が展開されている。5年後くらいにもう一度たずねてみたいと思う。

isekawasaki-soko.jpg (121101 バイト)
「濡れガラス」と呼ぶ防腐剤が塗られた倉庫。

isekawasaki-nakahasi.jpg (49842 バイト) isekawasaki-kawaberi.jpg (46473 バイト) isekawasaki-ogawa.jpg (58326 バイト) isekawasaki-gekuu.jpg (65169 バイト)
かっての中橋の親柱。 川沿沿いの風景。 伊勢河崎商人館として整備中の旧小川邸。伊勢神宮・外宮。